ハロウィンランタンの作り方!かぼちゃはどこで買う?保存方法は?

スポンサードリンク





ハロウィンの季節、今年は”ジャック オ ランタン”に挑戦してみましょう。

オレンジのかぼちゃを見つけたら、迷わずゲットです!

ハロウィンランタンの作り方

かぼちゃの中味をくりぬくわけですが、ヘタの部分を取る方法と下から穴をあける方法があります。

今回は、上のヘタの部分を切り取る方法をご紹介します。

① かぼちゃのヘタの部分を蓋のように切り取ります。

(ヘタだけ切るのではなくて蓋部分があるようにかぼちゃもある程度切り取りましょう)

② 切り取ったヘタは残しておいてして、かぼちゃをスプーンを使ってくりぬきます。

③ くりぬいたかぼちゃの外側にペンなどで顔の下書きをして、先のとがった包丁などでその線にそって切っていきます。

(シンプルな方法だと目×2、鼻、口ですね)

④ 中にロウソクを立てて蓋をして完成。

※ロウソクは放っておくと危ないので、電池式のLEDライトが便利です。

ハロウィンランタンのかぼちゃはどこで買う?

ハロウィンのランタンに使うカボチャは食用にしようと思えばできないでもないらしいですが、基本的に観賞用カボチャなので、ホームセンターの様なところへ行けば置いてありますよ。

あとは、フラワーショップなどでも売ってます。

今はハロウィン用のかぼちゃは食べられないものが多いですね。

食べたらダメということではなくあの甘みがなくしぶいというだけです。 

ちなみに食べられないかぼちゃでもひとつだけ食べるものがあります。 

それは種です。 

種の殻を壊した種の中身だけを取り出し、奇麗に洗ってフライパンで塩味をつけながら炒るのです。 

スーパーでも売っていますが、自宅でも作れますよ。


スポンサードリンク

ハロウィンランタンの保存方法

基本的に、ナマモノなのでカビたり腐ったりするので要注意です。

できるだけ、乾燥させるのが良さそうです。

天候にもよりますが、彫刻したあとの鑑賞期限は3日から1週間くらいですので、あまり早くからくりぬくとハロウィン当日までもたない可能性がありますね。

ですから、直前まではイラストを黒い油性ペンなどで描いて飾り、ハロウィンが近付いてから彫刻をするようにしましょう。

難易度の高い図柄を選んだ場合は彫刻をせずに、ステンシルで描くという方法もあります。

型紙が100円ショップにもありますので、それを利用するとよいでしょう。

また、長期保存するには、漂白剤を薄めたものをスプレーするとカビがはえにくいそうですよ!

まとめ

はじめてかぼちゃを”ジャック オ ランタン”に加工するときのやり方をかいてみました。

お気に入りの“顔”を見つけたら、ぜひ挑戦してみてくださいね。

Happy Halloween!!

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です