花燃ゆ 文の結婚、お墓も見て来た山口旅行。桜の頃がいい。

スポンサードリンク





大河ドラマ・花燃ゆを観ているのですが、
先日の放送で、文の縁談がまとまりそうでしたね~。

文のお相手は、久坂玄瑞、私生活でも1月1日に
婚姻届を出された東出昌大さん。

うらやましい~~
なんて言っている場合ではない!!

萩へ行ってみなければ…というわけで先日
行ってきました。

花燃ゆ 文の結婚 久坂玄瑞(東出昌大)!

吉田松陰は吉田家の養子になったのですが、実家は杉家です。

松陰には千代・寿(ひさ)・艶(つや)・文(ふみ)の4人の妹がいて、
寿(寿子)は楫取素彦、文(文子)は久坂玄瑞に嫁ぎました

(玄瑞・文夫妻には子供がなく、素彦・寿夫妻の次男道明が養子となりました。)

萩市役所の前にある、大河ドラマ館。
月曜日だったからか、駐車場もガラガラで
観光バスも2、3台でしたが、

館内の入り口には二人の婚礼の衣装が飾ってあり、
これを着たのかと思うと、来週が楽しみになりました。

登場人物のパネルやメイキング映像などもあり
楽しめましたよ~。

花燃ゆ 文と登場人物ゆかりの地へ

大河ドラマ館と隣接して明倫館があって
他にもとにかく観光地が密集しているのです。

現地で大河ドラマゆかりの地マップをもらって
レンタル自転車で回りました。

また、一人乗り電気自動車を無料で貸し出ししています。
(ただし、普通自動車免許が要ります。)
又、EV車は5台しか無いので、早い者勝ち、朝9時半~4時半まで。

これも可愛くて、乗りたかったです。

自転車で行ったのは、円政寺。
伊藤博文や高杉晋作ゆかりの地でもあり、
住職の話も面白かったです。

その一角は
高杉晋作誕生地・小田村伊之助旧宅地・木戸孝允旧宅
などがあります。

そして、そこから萩城跡まで足を伸ばし、
旧周布家長屋門などを見ました。

でも多くの観光客のかたは歩いて回られていましたね。

その後、松蔭神社へ…

ここは、観光客でいっぱい。
特に感動したのは世界遺産候補になっている松下村塾。
そして、松蔭が幽閉されていた部屋。

>>世界遺産の萩市を観光するなら松下村塾で吉田松陰

ドラマのシーンが思い出されました。

それから伊藤博史旧宅・東光寺(藩主毛利家墓所)など
見所満載です。

花燃ゆ 文の墓 防府市へ

文の生涯はこれからのドラマの中で堪能するとして
せっかく山口まで来たので…

帰り道でもあったので
防府市の大楽寺へ文のお墓へ行ってみました。

女優の夏目雅子さんのお墓もあり
こちらも感動しました。

まとめ

萩まで車で6時間、日帰りはきつかったですが、
天気も良かったし、良い旅行になりました。

桜のつぼみが膨らんでいて、3月の末から4月のはじめに行けば
また違った印象かなと残念でした。

花燃ゆはまだまだ始まったばかりなので
これからの展開を楽しみにしつつ

この目で見た萩の様子を思い出しつつ
ドラマを楽しみたいと思いました。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です