クリスマスのアイシングクッキーの作り方!簡単で喜ぶデザインとは?

スポンサードリンク





今年こそクリスマスに可愛いお菓子作りたい~!

可愛いといえばアイシングクッキー。

子供が喜ぶキャラクターものにも挑戦してみたい。

レシピは?作り方は?色のつけ方は?

>>こちらの記事もおすすめです。
>>クリスマスパーティーのメニュー子供が喜ぶ料理は?ごはん・おかず・デザート

クリスマスのアイシングクッキーの作り方

<アイシングの材料>

● 粉糖 200g

● 卵白 Mサイズ1個分(40g)

● 食用カラー お好きな色

絵柄をつけるために3種類のかたさのアイシングを作ります。

① 卵白を切るように混ぜ、粉糖を加え、ハンドミキサーで艶が出るまで混ぜます。
これがかためのアイシングとして使う分です。

固さのポイントは、ボールからすくったアイシングクリームをスプーンで細くたらした時、線が太くならない固さがベストです。

緩すぎると線を描いた時に太くにじむし、固いと線がよれて真っすぐラインがひけません。

② 作りたい色の数に別け、食用カラーを少し加え混ぜます。
  (つまようじの先に少しつける程度で)

③ 水を加えていき、中くらいのアイシングを作ります。
(アウトライン、レース、ドット、文字などに)

④ 更に水を加え柔らかいアイシングにしていきます。
(塗り潰し用)

柔らかさの目安は、ボールからすくったアイシングクリームをスプーンで細くたらした時、じわっとクリームにとけ込んで、線が残らない状態です。

ゆるさが足りないと、表面にクリームの筋波が出来てしまい、平にならないのです。

かといって水分が多すぎると、クッキーが乾燥しづらいので注意。

⑤ 絞り袋にそれぞれのアイシングを入れる。

アイシングクッキー クリスマスに!簡単に塗るコツは?

アイシングのかたさの調節がうまくできるようになると、簡単に塗ることができますよ!

① まずはフチにラインを入れよう!

クリームの準備ができたら、塗りたい部分のフチに、絞り袋に入れた中くらいのかたさのクリームでフチを描きます。

初めての方は『2mm』のほうが安定した線が描けるかもしれません。

② ベースの表面が乾燥してきたら、絵柄をつけていきます。

フチができたら、その中に、柔らかい方のクリームを塗り入れていきます。

平になるように伸ばしながら、丁寧に塗っていきましょう。

大体塗れたらクッキーを持って細かく左右に振ると、塗れてないところが埋まりますよ!

ベースが塗れたら表面が乾くまで少し待ちます。

中まで乾かなくても、表面が乾いたら、柄を描くために、絞り袋に入れた固めのクリームを準備。

塗った部分にアウトラインを入れたり、柄を付け足したりして、仕上げます。


スポンサードリンク

アイシングクッキー クリスマスの子供が喜ぶデザインは?

子供が好きなものといったらやはりキャラクターものがいいですよね。

こちらはジバニャンクッキーの動画です。

まとめ

アイシングシュガーパウダーとアイシングカラーを使うと少量でも便利に使えそうですね。

初めてのアイシングクッキーで楽しいクリスマスがすごせたらいいですね。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です