シャツの汚れの落とし方ボールペンは油性でも水性でも大丈夫?

スポンサードリンク





ボールペンで白いワイシャツが汚れてしまったらショックですよね。

でも大丈夫。身近なものでとることができるのです。

どのようにすればよいのか見ていきましょう。

シャツの汚れの落とし方 ボールペン染み

シャツのポケットにボールペンの芯を出したまま入れてしまった、とか知らない間に線が書けてしまっていたなんてよくありますよね。

このボールペンの汚れを落とす方法はあるのでしょうか。

今すぐ落としたい時には、マニュキアの除光液で取れます

女性スタッフさんか近隣のショップで入手できると良いのですが、ハンカチやタオルを敷き、上にシャツを置いて染みに除光液を少しずつしみこませて綿棒でトントンとたたいてみてください。

タオルでこすると被害が拡大する恐れがあるので綿棒など先が細いものが良いです。

丁寧にすると完全にとれると思いますが、時間がなければ除光液で薄くはなりますよ。

応急処置的に使える技です。

ボールペン汚れの落とし方

動画で分かりやすく解説されています。

①家庭用洗剤と除光液(シンナーも可)を用意します。

②シミ部分を指でカバーして、そのまわりに霧吹きで水を染みこませます。

③家庭用洗剤を、水を染みこませた部分に塗ります。

インク(油性)のシミがひろがらないようにします

④シミのついた部分の下にタオルを置きます。

⑤除光液を歯ブラシにつけ、シミ部分を軽く押すように叩きます。

下のタオルに溶けたインクが染みこんでいきますね。

⑥繰り返して行い、タオルの面を変えましょう。


スポンサードリンク

シャツのボールペン汚れが油性の場合と水性の場合

ボールペンのシミは水性か油性かによって落とし方が変わります。

油性ボールペンの場合はエタノールと洗濯洗剤を混ぜたものを用意し、汚れ部分の下にダメになってもよいきれいなタオルを畳んで置き、スポンジかやはりダメにしてよいタオルまたは歯ブラシに用意した溶液を浸して、汚れ部分を叩くようにして、汚れ自体を下のタオルに吸わせるようにします。

一度乾いてしまったボールペンは完全に落としきることは困難です。

無理に続けるとシャツがケバ立ったり、そこだけ生地が薄くなったりと傷めてしまいますので注意して下さい。

水性ジェルの場合は、たっぷりのお湯の中でブルースティック(汚れ落とし石けん)を
使いブラシでこすれば落ちます。

汚れた部分に水と石鹸をつけて揉み洗いします。

その後、流水ですすいでください。

この作業をインク汚れがなくなるまで繰り返し行います。

最後によくすすいでください。

(水性の場合、汚れが残る場合があります)



おわりに

きれいにとりたい方はクリーニング屋さんで、有料しみ抜きを頼めば落とせます。

黙って預けて、ただ普通に洗っただけでは落ちませんので注意が必要です。

関連記事
>>衣替えシーズンで気づいたシャツの黄ばみ、落とし方&防止法は?
>>ケチャップのしみを取る洗濯の方法は?漂白剤を使いこなそう!
>>セーターの染み抜き家庭でできる方法は?クリーニングはどう使う?
>>洗濯物が臭い理由とは?洗濯槽からも?ミョウバンを使う?

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です