筋肉痛を早く回復させる方法は?ストレッチやマッサージがいいの?

スポンサードリンク





久しぶりのテニスとかトレッキングなど、普段はしないことをして筋肉痛になった方は多いのではないでしょうか。

子供の夏休みが始まって、張り切って子供と遊んで”筋肉痛”なんて、明日も仕事なのに困るなあ、と思いますよね。

筋肉痛を早く治すコツについて、見ていきましょう。

筋肉痛を早く回復させる方法は?

明日、筋肉痛にならないように・・・

筋肉痛の予防なら、患部を冷やすアイシングも大事ですが、運動後のストレッチで固まった筋肉を解してクールダウンさせる方が効果的です。

筋肉痛の場所をあえて軽く動かすことによって、筋肉痛の症状がやわらぐのです。

クールダウンには乳酸の除去を促進する効果があり、運動後の疲労回復をはやめるのですね。

その他に筋肉の緊張をほぐす効果のある入浴もお勧めです。

一番良い効果的な方法は、運動後、ストレッチでまずクールダウンして筋肉を冷ます。

その後、お風呂にゆっくり浸かって疲労回復です。

運動前のストレッチはやっても、運動後のクールダウンをしない人が多いので、筋肉痛で翌日に差支える人が多いのですね。

筋肉痛を回復させるストレッチとは?

誰もが悩む筋肉痛を早く治すストレッチ方法とは?

疲労した筋肉は縮んでいますから、それによって押しつぶされた血管を戻すために、効果的なのが、筋肉を伸ばすストレッチ運動です。

動画の方法のほかにも深い呼吸で、痛みを感じない程度にゆっくりストレッチするのが有効です。



筋肉痛を回復させるのはマッサージ?

筋肉痛は、熱を持って炎症をおこしているときには冷やし、炎症がおさまったら温めて血行をよくするのがポイントです。

マッサージも血行をよくする効果がありますが、強い力でもみすぎるとかえって筋肉を痛めるので、気をつけてください。

身体の末端(脚の先など)から心臓に近いほうにむかって、手のひらなどでゆっくりとなでるのがコツです。

素人が指先などで力いっぱいもむようなマッサージは、絶対にやめましょう。

マッサージをお風呂の中でするのがダメというのは、力が入りすぎて筋肉を壊してしまう恐れがあるからなのですね。

>>筋肉痛マッサージのやり方自分でできるの?肩や背中・腰・腕・脚

ストレッチやマッサージは体が温かいうちが効果的ですので、お風呂上がりに行いましょう。


スポンサードリンク

まとめ

明日筋肉痛にならないようにするためには、その日のうちに炎症があればアイシング。

その後ストレッチのクールダウン・ぬるいお風呂でリラックスしてマッサージ。

この流れでやってみてください!

明日の仕事が楽になりますよ。

関連記事
>>筋肉痛を回復させる方法は冷やす?有効なお風呂の入り方は?
>>筋肉痛の回復を早めるには?どんな食事や飲み物がいいの?

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です