米麹を使った甘酒の作り方 炊飯器でできるの?温度管理が大事!

スポンサードリンク





甘酒は飲む点滴といわれるほど栄養満点で、今注目の食品ですね。

しかもできたてが一番美味しいのです。

麹を使って自宅で簡単に作れますので、作り方を見ていきましょう。

米麹を使った甘酒の作り方

米麹は蒸した米にコウジカビを植えつけたものでデンプンを糖化する働きがあります。

先日購入したホームベーカリーには、甘酒が作れる機能があって、米こうじ(乾燥)200gとお湯(60度)400mlをパンケースに入れて、電源を入れて10時間待つとできているのです。

これが一番簡単な方法ですね。

麹の香りが気になる方は、

●麹をざるに入れ、さっと水洗いをしてから入れます。

●麹を減らしてごはんを追加します。

 ①温かいごはん180gに熱湯300mlを注いでご飯をふやかします。

 ②60度まで冷まし、バラバラにしたこうじとよくかき混ぜて、パンケースに入れます。

このどちらかを試してみてください。

本来は米麹だけで作るものですが、柔らかく炊いたご飯で増量してもできます。

でも、米麹だけで作った甘酒は甘さとコクが全然違います

口の中に入れた時の、ツブツブ感の食感がちがうのですね。

作り方は、米を使う方法も米麹だけで作る方法でも基本は同じ。

お粥状態になるまでぬるま湯を加えたら60度程度で8時間保温するだけです。

砂糖は一切使いません。

炊いた米を使う場合は米1合(炊く前で150g)に対し米麹150g。つまり、1:1で加えればいいだけです。

甘酒の作り方炊飯器では?

炊飯器の保温機能を使って作れば温度計が無くても大丈夫ですが、炊飯器を閉め切ってしまうと温度が高くなりすぎて発酵しないので箸などを挟んで蓋が少し開く状態にして発酵させます。

ただし、炊飯器を使う場合は定期的に温度計で計測しましょう。

(温度が上がったら電源を1時間切ると温度が下がるので再度保温すればいいです)。

もち米を使うと若干甘い甘酒になります。


スポンサードリンク

甘酒の作り方は温度管理が大事

保温温度は、60度です

一番は保温です。
50度から60度を必ずキープしてください。

60度以上では、甘くならないし、50度以下も美味しくないです。

保温ポットや鍋を布で包んで作るやり方は、初めてだと温度計が無いと難しいです。

まとめ

保温のできる水筒でもいいのですが、温度が下がってきたら再加熱が必要な場合もあります。

ご自宅にある保温水筒で、温度管理に気をつけながら、一度挑戦してみて下さい。

市販のものとは違った美味しさを味わうことができますよ。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です