初節句の五月人形は誰が買う?お祝いの会のお料理、内祝いは?

スポンサードリンク





出産祝いの次にやってくるのが初節句、男の子なら端午の節句ですね。
現在のような節句の習慣は、江戸時代頃から庶民のあいだにも
広がりました。

現代の節句祝いについて、いろいろ頭を悩ますこともあるようです。

初節句 五月人形は誰が買う?

もともとは、母方の実家から鯉のぼりや武者人形
などが贈られていましたが、最近ではどちらの実家も
同じ立場で双方で相談してお祝いすることが多いようです。

住んでいる地域によって、昔からの慣習を大事にされている
場合もありますのでご両親に相談しながら決めましょう。

現金でいただいて、品物は自分たちで選ぶとか
鯉のぼりは、小さいものが良いとか
自分たちの意見も伝えておきましょう。

初節句 お祝い会の料理はどうする?

端午の節句は5月5日にお祝いするのが一般的です。

祖父母やお祝いを下さった方々を招待して会食を行う
場合が多いようです。

これが、お祝いをいただいたお礼“内祝い”にあたります。

会食は、手料理で十分です。また、子孫が途絶えることなく
繁栄することを願ってかしわ餅をふるまいます。

初節句 お祝いをいただいた方への内祝い

家族で会食をして、子供の成長を祝うことで
“内祝い”になりますので、特別に品物を
お返しはしなくても大丈夫です。

ご家族以外からお祝いをいただいている場合
遠方の方に赤飯や柏餅などお送りできない場合は

子供の写真などを添えて、タオルなどの日用品を
贈ってはいかがでしょうか?

形式にとらわれず、感謝の気持ちを伝えられればいいと
思います。



まとめ

鯉のぼりや五月人形などは自分たちの希望も伝えつつ
双方のご両親にも相談して、決めましょう。

5月5日を中心にご家族で集まれる日に会食をすれば
“内祝い”となります。

子孫繁栄の柏餅をいただきましょう。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です