病院へのお見舞で花を贈りたいが、生花禁止の病院も。受け取る側は?

スポンサードリンク





友人・または同僚・親戚など病気やケガで入院した時
病状や入院期間を考慮してお見舞いには行きたい。

その時、悩むのがお見舞いの品ですね。

一番最初に思いつくのが、殺風景な病室にお花を…と
思いますが、気をつけないといけないことがあります。

病院へのお見舞にお花を贈りたい。

男性が花を贈る事に恥ずかしがらなくなって、“お花男子”という
言葉もよく聞くようになりました。

夫も花屋の知り合いがいるというのも手伝って、
よくお花をお見舞いに持って行っているようです。

無機質な病室が華やぎ、患者さんも明るい気持ちになって
お花の効能は高いと思います。

気をつけたいのは、鉢植え(入院が長引く)や匂いのきつい花などは
タブーだということです。

お花屋さんで病院へのお見舞いということを伝えれば
患者さんの年齢などを聞いてアレンジしてくれますので
相談してみましょう。

病院へのお見舞いで生花を禁止している病院もある。

しかし、最近ではお見舞いに行くと、エレベーターに
貼り紙をしている病院もありますね。

”衛生上の観点から生花の持ち込みは禁止しております。”

その場合は、生花は持っていけません。
籠にアレンジしているものもダメです。

プリザーブドフラワーや造花(アーティフィシャルフラワー)の
アレンジなら大丈夫です。

最近は、病院の近くのお花屋さんでも沢山扱っていますので
覗いてみてください。

病院へのお見舞いに花を貰った人の本音。

入院していて一番困ったのは、生花だという話もよく聞きます。

母も人工股関節の手術で長期入院していた時、
しばらく歩けなかったので困ったそうです。

先ず、花束の場合。
花瓶がないので買ってこなければ飾れなかったとか、
歩けないので、水が換えられなかった、とか…
枯れたら捨てにくいとか。

その点、花かごのアレンジは何処にでも置けて
水を少し足せば長持ちして可愛くてうれしかったらしい。

まとめ

病院へのお見舞いにお花を考えている方は
気をつけることがあります。

・病院へ生花を持ち込めるかどうか確認しましょう。

・籠のアレンジのほうが喜ばれているみたい。

・お花屋さんに相談してみましょう。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です