歯痛の原因は歯の根元が腐っているわけではなかった!?

スポンサードリンク





3日くらい前から、左下の一番奥の歯が痛み出し、
噛むたびに痛みが増していくようだった。

そして、前日は法事があり我慢して座っていた
(場の雰囲気を壊さない程度に笑っておいた)のだが

とうとう我慢できなくなり(その日は日曜日だった)
何年か前にもらっていた痛み止めを飲んだ。

その歯は銀色のかぶせ物(全部覆われている)をしていて
シロウト目には、このかぶせ物の下の歯が虫歯菌に侵され

絶対もうこの銀のふたを取り、下にわずかにある歯を抜き
血が出て、そしてまた、その痛みで眠れない日が続くのだろう
と想像し、絶望的になっていた。

翌朝、もう一度痛み止めを飲んで
半年に1回メンテナンスをしてもらっている歯医者に電話する。

“痛くてたまらないのですが、何とか隙間時間に入れてもらえないでしょうか?”

“2時ならなんとか。。。”

ということで、やっと来れた~と安心したのもつかの間
他の予約のあいだあいだに入れてもらったので、
レントゲンを撮ってから放置され、雑誌を手に取るも上の空で
何も頭に入らず、いらいらすること40分。

やっと先生が来てくれて~(涙)
レントゲンを見ながら説明してくれる

“かぶせている痛む歯がこれですよね、この歯の根元が…
炎症を起こしていて、今一番つらい状態だと思うんですけど”と
イケメン先生がおっしゃるので、うんうんと涙目でうなずき

その処置の方法が、な、なんと

“抗生物質を3日飲めば抑えられる”というのです。

あれだけ、“かぶせている歯の痛み”でググって
歯槽膿漏かもとか、かぶせ物をとって歯を削り掃除する
っていう記事を読んでいたので、恐怖心を持って
診察に来たのに、、、何だか気が抜けて。。。

でも、良かった~。1日1回の抗生物質で治る!!
知らなかっただけに喜び倍増。
この3日間の苦しみが一気に晴れました。

ありがとう、イケメン先生。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です