神奈川新聞花火大会2015の打ち上げ場所は?有料席と穴場スポット

スポンサードリンク





神奈川県横浜市の「神奈川新聞花火大会」は、関東最大級の直径480mにもなる2尺玉と、ほかにも尺玉の連発、大スターマインなど豪華な花火が目玉です。

横浜の夜景をバックに華やかで、音楽とシンクロして緻密に打ちあがる花火は感動的です。

神奈川新聞花火大会2015の打ち上げ場所

●開催日時
2015年8月4日(火)予定
19:00~20:30

●荒天の場合
小雨決行(荒天時は2015年8月5日(水)に延期)

●開催場所

●打ち上げ数
約1万5000発

●昨年の人出
約19万人

●打ち上げ場所
  臨港パーク前面海上

●交通
JR・東急電鉄・横浜高速鉄道・横浜市営地下鉄横浜駅東口から徒歩20分
  JR・横浜市営地下鉄桜木町駅から徒歩15分
  横浜高速鉄道みなとみらい駅または新高島駅から徒歩10分              ※当日は会場周辺で交通規制あり

●駐車場
なし

●問い合わせ先
045-227-0744 神奈川新聞花火大会事務局(平日10:00~17:00)

●公式サイト
「第29回神奈川新聞花火大会」公式サイト

神奈川新聞花火大会2015の有料席

●有料席
花火協賛席:イス席1名7200円

  花火鑑賞券:大人1名2600円、子供1名500円(臨港パーク) 
        ※小学生未満は無料

有料のエリアでは、臨港パークの一番横浜寄りが良く見えます。

昨年有料エリアで観た友達は、17時ごろに行ったらしいのですが、座る余裕は結構あったそうです。
意外と有料エリアの方が、18時、19時と遅くきている方が多い印象で、18時前くらいに、ドッと人が増えた気がすると言っていました。

有料エリアだと、16時くらいに行ければベストではないでしょうか。

神奈川新聞花火大会2015穴場スポット

3大観覧・撮影ポイントは、山下公園、山下埠頭、大桟橋です。

または、港の見える丘公園がお薦めです。

時間ぎりぎりの予定なら、桜木町駅のバスターミナルからなら見られます。

臨港パークの裏の砂利のところ(無料)にシートを敷いて見ているとか

国際大通りと「とちのき通り」を交差するところあたりが、打ち上げ場所の正面なので、キレイに見えるとの情報も…。

あまり歩かないでいいのは、横浜駅東口べイクォーター付近です。
京浜東北線の横浜駅で降りて、きた出口を出て右に行き、きた東口のエスカレーターを上り、後は道なりでベイクォーターです。

横浜駅や桜木町駅近辺は人が多く、また横浜駅やみなとみらいには昨今高層ビルが林立して近くに行けば行くほどビルが邪魔になり見えなくなります。

そこでお薦めなのは、遠くの高台から見るという選択。
三ツ沢グラウンド近くの高台から、などがあります。

まとめ

有料席で、余裕を持ってみるか、朝から並んで場所取りか…。
どちらにしても、是非観てみたい花火大会ですね!

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です