快気祝いの品物は洗剤がいいのはなぜ?金額は?のしの書き方。

スポンサードリンク





病気やケガなどで入院して友人や会社関係の方からお見舞いをいただいたら、退院時には、その方たちに元気になった「快気祝い」のお礼と報告をしましょう。

どんな品物を贈ればよいのでしょうか?

快気祝いの品物は洗剤がいいのはなぜ?

病気が長引かないように“後に残らないもの”が縁起がいいとされています。
例えば、

●「洗い流せるもの」

代表的なものでは、“洗剤”ということになりますね。

ボディソープや石鹸の詰め合わせなどでも、贈る相手のライフスタイルにあったものにすれば喜ばれるのではないでしょうか。

●「食べて消えるもの」

お菓子の詰め合わせ、砂糖、そして健康志向で食用油などの食品を選べば大丈夫です。

会社などグループでお見舞いをいただいた時は、ジュースの詰め合わせや個包装のお菓子の詰め合わせなど、一人ひとりに行き渡るように数の多いものが良いでしょう。

最近では、「病を拭き取る」という事からタオルを贈る方も増えています。


スポンサードリンク

快気祝いの品物、金額は?

金額は頂いた額のおよそ半分くらいということで、1万円なら5千円くらいの品、5千円なら2千円から3千円相当の品を贈ります。

お花を頂いている場合も、大体値段の予測がつくのでそれに応じて快気祝いを贈ります。

また、商品券は、もらえば嬉しいのですが、金額も分かってしまうし結局、お見舞い金を商品券に交換して返したみたいになってしまうように感じますので避けたほうが良さそうです。

快気祝いの品物、のしは?

●快気祝いの、のし紙の表書きは『快気祝い』
※もし自宅療養になった時、一応のお礼をしたいときには『御見舞御礼』として贈ります。

●紅白結びきり(二度と病気を繰り返したくないという意味)、のしつきののし紙で、病 気(入院)した本人の名前を書きます。

まとめ

自宅療養や通院が続く場合は無理をせず元気になってから行います。

直接元気になった姿を見せてお礼ができれば、お見舞いに来てくださった方も安心ですね。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です