出産内祝い金額はどのくらい?人気の商品・熨斗や渡すタイミングは?

スポンサードリンク





赤ちゃん誕生のお祝いをいただいた方々へ、名前のお披露目を兼ね
感謝と喜びの気持ちを込めてお返しを。

相手の方に喜んでいただけるものを贈り、絆を深めていきましょう。

出産内祝い 金額は?

出産内祝いの金額の目安はいただいたお祝いの半額程度を
目安にします。

親戚(身内)には、子供の写真を添えて
写真立てや漆器などの記念になるものを。

友人には、好みも考えながら
家庭用品やインテリア雑貨などを。

名入れの商品は、遠慮して欲しいとの意見も
多数見られますが、お米やお菓子などなら
良いのではないでしょうか?

仕事関係やご近所には、かつおぶしパックなどの
祝儀用食品やタオル類などの実用的な家庭用品が
一般的です。

職場の仲間など、大勢の方からいただいた場合は
みんなで分けられる個包装のお菓子などを
贈ると喜ばれます。

出産内祝い 熨斗はどうするの?

赤ちゃんの名前をお披露目する機会です。

表書きは「出産内祝」または「内祝」と書き
水引の下には、赤ちゃんの名前を入れます。

別に命名紙をつける場合やメッセージカードに
名前を紹介する場合は、苗字をいれます。

そして、必ずふりがなをつけましょう。

出産内祝い タイミングは?

お宮参りの前後、だいたい生後30日が目安です。
出産祝いをいただいたのが遅れても、
1ケ月以内を目安に内祝いを贈ります。

出産後は赤ちゃんの世話や、自分の体調が
不安という場合もありゆっくり品物を選ぶ暇が
ありません。

あわてずスムーズに手配するためにも
妊娠中から身近な人の住所を整理しておくなど
準備を進めておきましょう。




まとめ

出産内祝いは、相手に気を遣わせない日用品を
贈りましょう。

お菓子やタオルなど日用品が無難です。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です