横浜開港祭2015花火大会、打ち上げ場所・時間・おすすめスポットは?

スポンサードリンク





5月30日(土曜日)から横浜で開催される横浜開港祭は

“Thanks to the Port”
「開港を祝い、港に感謝しよう」
~市民が作りあげた国際港都 みんなで祝おう誕生祭~

というテーマのもと、横浜の開港を記念して開かれる祭典です。
市民のみならず、県内外の方が一同に集まり、
昨年は来場者80万人を記録しました。

横浜開港祭2015花火大会、関東一早い夏の花火

横浜開港祭の花火大会は5月30日から開催されるお祭の
クライマックスを盛大に彩る毎年恒例の花火大会です。

昨年の来場者数が80万人を突破した人気のイベントです。

日本では珍しいレーザー光線による演出が港の夜空を
美しく染め上げます。

豪華で鮮やかな花火が、都会の夜空を次々と咲き誇り
圧倒されますよ。

開港祭のフィナーレを飾る絢爛豪華な打ち上げ花火を
是非観に行きたいですね。

横浜開港祭2015花火大会 打ち上げ場所・時間・打ち上げ数は

● 横浜開港祭の花火大会の打ち上げ場所は

  臨港パーク/横浜市西区みなとみらい1となっています。
  
  Access 電車 みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩約5分
      車  首都高速みなとみらいICより約1Km
  
  露店あり

● 打ち上げ日時
  
  6月2日(火)
  20:20~20:50予定

● 打ち上げ数

  約6,000発(予定)

有料席 チケット販売
【電話予約】0570-02-9999

【店頭販売】全国のチケットぴあ、セブン-イレブン、サークルK・サンクス。

横浜開港祭2015花火大会 見える場所

3大観覧・撮影ポイントは、山下公園山下埠頭大桟橋
ですが…

比較的空いている穴場!
日中、花火を待つ間も、のんびり、ゆったりと海を見ながら
待つことが出来る雰囲気のある場所です。

ただし、日焼け止め対策と水分補給はしっかりしてくださいね。

「野毛山公園」

  眺めは最高!少々遠くなってしまいますが、
  それほど混雑がありませんし、お勧めです。

「大黒ふ頭」
  
  山下公園と比べると小さい花火になってしまいますが、
  夜景と花火のコラボレーションが最高です。

「マリンタワー」

  山下公園の裏にそびえる高さ106メートルの
  世界一高い灯台で、地上100メートルの高さにある
  2層式展望台からの夜景は有名です。
  花火大会の日も、横浜市一帯を見下ろす夜景と共に、
  花火を楽しむことが出来ます。

「ポートサイド公園」
 
  高層マンションが立ち並ぶポートサイド地区にあります。
  みなとみらいの全貌を見ることが出来る絶好のロケーションで、
  花火も最高!です。

「親港パーク」

  比較的好いている穴場!日中、花火を待つ間も、
  のんびり、ゆったりと海を見ながら待つことが出来る
  雰囲気のある場所です。
  ただし、日焼け止め対策と水分補給はしっかりしてくださいね。

「クイーンズパーク」

  クイーンズスクエア横浜内の飲食店やトイレなども
  利用でき、便利です。 
  観覧車も見ることが出来、夜・花火共に綺麗に見ることが出来ますよ。

  

まとめ

初夏は花火シーズン、オープニングの季節ですね。

関東一早い夏の花火に足を運んでみましょう。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です