スキー初心者が選びたいスキー道具オススメはあるの!?

スポンサードリンク





12月~2月頃までスキーシーズンですね。
今年スキーを始めたい!行きたい!連れて行って!という場合、

スキー初心者だから何を買い揃えれば良いのか分からないってことありますね。
私もスキーやスケート全くの未経験です。

1度はスキーもやってみたい!子供と一緒にスキーをすると
楽しそうですね!

そこで、スキー初心者の私も含めスキー道具などオススメなどを紹介します。
・スキーを始めるために必要な道具は?
・初心者がスキー道具一式揃えると価格はどのぐらい?
・スキー場であると便利な道具はある?
この3点に絞り調べまとめましたので参考にして下さいね。

スキーを始めるために必要な道具は?

スキーと言えばなんだろ・・?
思い浮かぶのは、《スキー板・スキーブーツ》
私が思い浮かんだのはこの2点です。

しかしこの2点ではスキーは難しいですね・・
詳しく調べると
◎スキー板
◎スキーブーツ
◎ビンディング
◎ストック
この4点があればスキーは問題なく出来ます!

でも、名前を見ただけでは初心者には分からないですね・・・。
簡単に説明していきます。

【スキー板】
スキーを滑るには板がなければ出来ません。
お尻で滑るわけにもいかないので、、、

どんなスキー板を選ぼうかなと選びがちなのが
初心者オススメ!と書いてあってもデザインで選んでいませんか?

スキー板の《太さ・長さ・反り・硬さ》が初心者には大事です。

太さは柔らかい新雪で滑る場合浮力の高い幅広が選ばれていますので
初心者の場合太さは太めで!

長さは身長-5㎝~10㎝がオススメですが、スキー板は重力もかかりますので
体重も気にしなければいけません。

体重が重たい方は沈みにくい長めのもの
体重が軽い方は扱いやすいように短めのもの

反りは「キャンバー」「ロッカー」「キャンバーロッカ―」の3種類あり
「キャンバー」は板の中心部が浮くように反っていて
「ロッカー」は前部と後部が上に反り返っている
「キャンバーロッカー」は両方の良さを合わせた反り
この3点を比べると初心者には「キャンバーロッカー」がオススメ!

しかし、女性や子供には安定感があると安心できるので「ロッカー」がオススメ!

硬さは柔らかい板が初心者にオススメ!

【スキーブーツ】

ブーツの選び方はブーツの数値を見て選んでください。
フレックスというみたいで、ブーツの硬さや柔らかさを表します。

150と書いてあると固くレーサーが履くのに最適で80と書いてあるのが初心者に
オススメで柔らかいです。

初心者の方は80~100のフレックスを選び試着した際に
足の甲・つま先・小指などブーツに当たっても痛くないものを購入して下さい。

ビンディングとは靴を板に取り付けるための器具ですが
一昔前はスキー板とビンディングは別売りでしたが、最近はスキー板を購入すると
対応したビンディングが決まっています。

ストックとは滑る際の手にもつ棒のことです。

選び方としてはアルミ製とカーボン製があり、価格としてはアルミ製が安く
購入できますが初心者だと軽くて扱いやすいカーボン製をオススメします。

では、スキー初心者が一式揃えるとどのぐらいかかるか気になりませんか?

初心者がスキー道具一式揃えると価格はどのぐらい?

購入場所なども気になりますが
初心者だから専門店で購入するのをオススメしたいですが、専門店購入だと
10万は楽に超えます!

まずは、慣らしていく意味も込めて
スポーツ用品店で購入すると5万~6万で一式揃えることができます。

最後に、道具を一式必要最低限は揃えたけど
あると便利な常備品を紹介します!

スポンサードリンク

スキー場であると便利な道具はある?

スキー場を走るわけですから、スキーウェアは購入すると思います。

・小銭入れ
大きな財布を持ち歩くのは邪魔になります。
最低限の財布の中身で持ち歩くことで盗難なども防ぐことできます!

・そり
小さなお子様がいると直ぐにはスキーを滑ることできないので
そりに座り楽しむ事も出来ます。

・靴下予備
スキーブーツを履いているから必要ないと感じますが
ゲレンデでは何があるか分からないので替えの靴下は常備!

その他、パスケースやあめ玉などあると良いと思います。

まとめ

スキー初心者で道具を一式買い揃えるのは大変ですが
準備万端でスキーに挑戦することによって早く上達すると思います。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です