七草粥の意味を子供に聞かれた!どのように話してあげれば分かりやすいの?分かりやすく話す方法教えます!

スポンサードリンク





1月7日頃に1年の健康を祈り七草粥を食べるご家庭もあるのでは?

子供が保育園に通園していると何かと情報を得てかえってきますが
子供から《七草粥ってなに?》と聞かれたら答えてあげることできますか?

そこで今回は

・七草粥ってなに?

・七草粥の意味を子供に教えてあげるにはどのように話したらいいの?

・七草粥の7種類の若草を紹介

この3本に絞り調べまとめましたので私と一緒に勉強しましょう!
そして子供から『ママ凄いね!』と言われたいです。

七草粥ってなに?

七草粥ってなに?良くスーパーで1月頃になると販売されてますね!

葉っぱが!!私・・七草粥食べたことなくて・・
食べる習慣がなかったというか・・

子供って好き好んで食べないですよね!だから私の実母も作らないのかも?

そんな七草粥ですがお正月でたくさん美味しいものを食べて満腹になりますね?

新年ということで大人はお酒を楽しむかたもいますが
そんな食べ過ぎ飲み過ぎた身体を少しでも休ませようという意味もこめ
1月7日の朝に無病息災を願い七草粥を食べます。

七草粥の意味を少し詳しく説明します!
お子さんにお話してみて下さい。

スポンサードリンク

七草粥の意味を子供に教えてあげるにはどのように話したらいいの?

七草粥の意味をお子さんに聞かれたら急なことでビックリしますが
教えてあげることできますか?

私みたいに《おかゆに葉っぱを入れて食べるんだよ!》と言ってしまえば
簡単に説明できますが、子供のことですから保育園でも

《葉っぱ入れて食べるんだって~》と絶対お友達に話してしまうので
それじゃ、ママにとっては恥ずかしい思いをしてしまいますので

七草粥は1月7日の節句の人日(じんじつ)として
7種の若草を煮込みお吸い物として食べると1年健康で過ごせると言われており

平安時代の頃から1月7日朝に七草粥を食べると病気にならないとされているのが
現代も受け継がれています。

お子さんに平安時代と言っても意味が分からないので
『お正月に美味しい食べ物を食べたから、お腹の中を少し休憩させてあげるため』と
伝えてあげると少しは分かりやすいかと思います。

では7種の若草の種類言えますか?
私は・・言えません!この場を借りて7種の若草の勉強です。

七草粥の7種類の若草を紹介

七草粥の七草って何があるの?

・セリ《競り勝つ》
解熱効果・整腸作用・利尿作用・食欲増進などの様々な効果があります。

・ナズナ《撫でて汚れを除く》
ぺんぺん草とも言われています。
止血作用をもち胃腸障害やむくみなどに効果があります。

・ゴギョウ《仏体》
咳や痰そして喉の痛みなどを緩和してくれるので風邪の引き始めに効果が
ありそうですね!

・ハコベラ《反映がはびこる》
昔から腹痛薬として用いられ胃炎や歯槽膿漏にも効果があります。

・仏の座《仏の安座》
胃を健康に食欲増進と歯痛にも効果があります。

・スズナ《神を呼ぶ鈴》
カブのことで胃腸を整え消化を促進やシミやソバカスにも効果があります。

・すずしろ《汚れのない清白》
大根のことで風邪予防や美容効果などがあります。

七草の種類と意味を書いてみましたが
本当胃の調子を整えてくれるものばかりですね!

昔の人達は薬に頼らず薬草として活用していたのが伺えます。

まとめ

七草粥は体の調子を整えてくれるので
子供は好き好んで食べたいとは思わないですが大人は常備薬として
活用できそうですね!

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です