目の紫外線対策は子供も大切。UVカットメガネ・コンタクト併用で!

スポンサードリンク





春から夏に向けて強くなる紫外線。

サッカーなど外のスポーツをしている子供さんへの影響を
気にされている方も多いのではないでしょうか。

肌と同様に目にも大きな影響があります。

目の紫外線対策 子供には、どうすればいい?

“最近の研究で、子どもの頃から大量に紫外線を浴びると
 急速に目の老化が進み、比較的若いうちから白内障や
 老眼になる可能性のあることが分かってきた。
 
 専門家は
 「将来の眼疾患を予防するため、小児期から十分な紫外線
  対策を講じてほしい」と注意をよびかけている”

という新聞記事を読んで、調べてみました。

紫外線がもっとも強まるのは、
午前10時から午後2時までの間。

曇りの日でも晴れた日の6割の紫外線が降り注いでいます。

また、アスファルトの地面は、降り注ぐ紫外線の
約1割を反射させます。

できればこの時間の外出はできるだけ避けるようにしましょう。

<気をつけよう!>

● 帽子、UVカット加工のコンタクトレンズやサングラスをする。

● 炎天下で長時間遊ばせない。

● コンクリートの上は避け、芝生や土の上、木陰の多い所で遊ばせる。

● ソフトボールや野球、サッカー、テニスなど
  野外活動時間が長いスポーツをする時は帽子をかぶるなど、
  紫外線をカットするための対策をとる。

目の紫外線対策 メガネをすると良い?

強い紫外線を目にあびると角膜に炎症がおきたり、
長期間浴び続けると白内障の原因になると言われています。

紫外線が原因といわれる眼疾患のひとつ「瞼裂斑」
症状は白目の表面を覆う結膜のタンパク質が変性し、
黄色っぽく変色したり、盛り上がったりする病気です。

充血や局所的なドライアイの原因となり、何より
見た目が悪く、放置すると、結膜が黒目部分に覆いかぶさる
「翼状片」という病気につながる恐れもあります。

日常生活で目が浴びる紫外線はそれほど強力なもので
はありませんが、やはり紫外線の強くなる時期などは
UVカットのサングラス等をかけることをおすすめします。

ただし、メガネはレンズが小さかったり、つるが細かったり
すると、顔とメガネの隙間から紫外線が入り込んでしまいます。

また色の濃すぎるサングラスは視界が暗くなるため、瞳孔が
大きく開き、側面からの紫外線が水晶体に直接ダメージを
与える可能性がありお薦めできません。

まとめ

紫外線の強い屋外で長時間遊ぶときは、メガネやコンタクトレンズを
併用すると高い予防効果が得られます。

将来の眼疾患を予防するためにも小児期から十分に
気をつけましょう。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です