つながる仲間

楽しくてうきうきする毎日を!

*

筋肉痛マッサージのやり方自分でできるの?肩や背中・腰・腕・脚

      2017/05/02

久しぶりに運動して筋肉痛になってしまった場合、この痛んでいる筋肉はマッサージしても問題ないのでしょうか。

それともそのまま放っておいたほうがいいのでしょうか。

筋肉痛の時のマッサージについて、肩や背中・腰・腕・脚の部位別に自分でできる方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

筋肉痛の時マッサージのやり方

久しぶりに運動して筋肉痛になってしまった場合、この痛んでいる筋肉はマッサージしても問題ないのか。

それともそのまま放っておいたほうがいいのでしょうか。

マッサージをするのは、血流を促進して筋肉痛の部位の不都合を早くリカバリーするためです。

その痛みが、ただの代謝産物(疲労物質)の滞留なのか、筋肉の損傷によるものなのかで違ってきますね。

クールダウンをしたあとに、燃え残りとしての乳酸などが滞留して筋肉痛になるときには緩やかな運動、マッサージなどでの血流促進が有効です。

筋肉の断裂を伴うような場合には「傷」があるわけですから、さらに痛い思いをしてもはかばかしくないですからマッサージは良くないといえます。

動けるのなら、下肢ならウォーキング、肩こりや背中腕の痛みなどならスイミングで、運動をしたほうが修復が早いです。

痛みを解消するマッサージのやり方


スポンサーリンク

マッサージのやり方自分でできる?

試合や練習、トレーニングによって疲労が蓄積していたり、筋の柔軟性の低下は、パフォーマンスへの影響があり、外傷や障害を引き起こす恐れのある要因となります。

マッサージを行うことは、血行を促進し、筋の緊張をほぐし、疲労物質を除去することによって、疲労回復を助け、より高いパフォーマンスを引き出してくれます。

セルフマッサージを覚えることで、いつでもどこでもマッサージを行うことができ、心理的にもリラックス効果を得られるのでパフォーマンス向上に役立ちます。

それぞれの部位別にまとめましたので、ご覧ください。

● 肩が張った時のセルフマッサージ

● 背中がつらいときのセルフマッサージ

● 腰が重いときのセルフマッサージ

● 股関節に違和感がある場合のセルフマッサージ

● 腕がだるいときのセルフマッサージ

● 脚が張った時のセルフマッサージ

● 脛が張った時のセルフマッサージ



おわりに

スポーツ障害があるかどうかの見極めも大切です。

怪我をしているときには、マッサージによって悪化することもありますので、スポーツドクターに診ていただくことが必要です。

ここでは、一般的な筋肉痛時のセルフマッサージについて書いています。

<関連記事>
>>筋肉痛を早く回復させる方法は?ストレッチやマッサージがいいの?
>>筋肉痛を回復させる方法は冷やす?有効なお風呂の入り方は?
>>筋肉痛の回復を早めるには?どんな食事や飲み物がいいの?

スポンサーリンク

 - 生活全般

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インフルエンザの予防接種妊婦が今から受けるのは遅い?効果は?

インフルエンザが流行り始める季節になりました。 インフルエンザの予防接種を妊婦は …

ケチャップのしみを取る洗濯の方法は?漂白剤を使いこなそう!

服に付いたしみで多いのが、食べ物、その中でもお悩みはケチャップやカレーなどの色の …

エアコンの室内機を掃除しても臭い場合はここを掃除しよう!

エアコンをつけたときに臭う場合、室内機とは別の場所から発生している場合があります …

お墓掃除の方法はどんな道具が必要なの代行サービスって?

田舎の墓の掃除をしたいんだけど、年に1回帰れるかどうか…。 長い間放っておくと痛 …

蘭を植え替える方法は?時期や水やりは?実際にやってみた!

蘭の植え替えに初挑戦! 母が増やしすぎて置くところがないと20鉢ほど預かっている …

七夕そうめんは索餅から。そうめんを食べるわけと美味しいゆで方。

七夕には素麺を食べる家庭が多いようですね。 織姫と彦星が会えるように願いつつ 美 …

夏バテ防止に足湯を!効く食事とは?エアコンを上手に使おう!

梅雨が明けると一気に暑い暑い夏本番です。 毎年、食欲がなくなったり冷房で体調を崩 …

ダニ退治、有効なのは掃除機・布団乾燥機?ダニ捕りマットの効果とは?

やわ肌赤ちゃんの敵 ダニを退治しよう! 梅雨から夏にかけて急激に増えるダニ。 赤 …

筋肉痛マッサージのやり方自分でできるの? 脛が張った時は?

脛が張った時のセルフマッサージをご紹介します。 関連した動画も載せていますので、 …

熱中症の症状で高齢者の父、救急車で運ばれる!症状と対策

梅雨が明けて、いよいよ夏本番。 高温多湿の日本の夏は熱中症が起こりやすい環境にあ …