筋肉痛マッサージのやり方自分でできるの?肩や背中・腰・腕・脚

スポンサードリンク





久しぶりに運動して筋肉痛になってしまった場合、この痛んでいる筋肉はマッサージしても問題ないのでしょうか。

それともそのまま放っておいたほうがいいのでしょうか。

筋肉痛の時のマッサージについて、肩や背中・腰・腕・脚の部位別に自分でできる方法を見ていきましょう。

筋肉痛の時マッサージのやり方

久しぶりに運動して筋肉痛になってしまった場合、この痛んでいる筋肉はマッサージしても問題ないのか。

それともそのまま放っておいたほうがいいのでしょうか。

マッサージをするのは、血流を促進して筋肉痛の部位の不都合を早くリカバリーするためです。

その痛みが、ただの代謝産物(疲労物質)の滞留なのか、筋肉の損傷によるものなのかで違ってきますね。

クールダウンをしたあとに、燃え残りとしての乳酸などが滞留して筋肉痛になるときには緩やかな運動、マッサージなどでの血流促進が有効です。

筋肉の断裂を伴うような場合には「傷」があるわけですから、さらに痛い思いをしてもはかばかしくないですからマッサージは良くないといえます。

動けるのなら、下肢ならウォーキング、肩こりや背中腕の痛みなどならスイミングで、運動をしたほうが修復が早いです。

痛みを解消するマッサージのやり方


スポンサードリンク

マッサージのやり方自分でできる?

試合や練習、トレーニングによって疲労が蓄積していたり、筋の柔軟性の低下は、パフォーマンスへの影響があり、外傷や障害を引き起こす恐れのある要因となります。

マッサージを行うことは、血行を促進し、筋の緊張をほぐし、疲労物質を除去することによって、疲労回復を助け、より高いパフォーマンスを引き出してくれます。

セルフマッサージを覚えることで、いつでもどこでもマッサージを行うことができ、心理的にもリラックス効果を得られるのでパフォーマンス向上に役立ちます。

それぞれの部位別にまとめましたので、ご覧ください。

● 肩が張った時のセルフマッサージ

● 背中がつらいときのセルフマッサージ

● 腰が重いときのセルフマッサージ

● 股関節に違和感がある場合のセルフマッサージ

● 腕がだるいときのセルフマッサージ

● 脚が張った時のセルフマッサージ

● 脛が張った時のセルフマッサージ



おわりに

スポーツ障害があるかどうかの見極めも大切です。

怪我をしているときには、マッサージによって悪化することもありますので、スポーツドクターに診ていただくことが必要です。

ここでは、一般的な筋肉痛時のセルフマッサージについて書いています。

<関連記事>
>>筋肉痛を早く回復させる方法は?ストレッチやマッサージがいいの?
>>筋肉痛を回復させる方法は冷やす?有効なお風呂の入り方は?
>>筋肉痛の回復を早めるには?どんな食事や飲み物がいいの?

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です