筋肉痛セルフマッサージのやり方 腕がだるい時は?

スポンサードリンク





腕がだるいときのセルフマッサージをご紹介します。

関連した動画も載せていますので一緒にご覧ください。

① 手背部の拇指圧迫

一方の手の親指と人差し指を開き、骨と骨の間を、反対の手の親指の腹で指先から手首に向かって圧迫します。

ポイント 合谷のツボを押す

親指と人差し指を開いて、第一、第二手中骨が合ったところの少し下に、合谷(ごうこく)というツボ(経穴)があります。

腕や肩周辺部の疲れを取るツボです。

ここを3~5秒間、ゆっくりと3~5回押します。

「合谷」が有効な症状とツボの取り方

② 前腕部の把握圧迫

前腕部を反対の手のひら全体でつかみ、手首から肘にかけて揉みます。

前側と後側を揉みます。

ポイント 手三里のツボを押す。

肘関節より少し下で前腕外側の筋肉が盛り上がっているところに、手三里(てさんり)というツボ(経穴)があります。
腕や肩周辺の疲れを取るツボです。ここを3~5秒間、ゆっくりと3~5回押します。

腕のセルフマッサージ

参考文献
基礎から学ぶ!スポーツストレッチ(ベースボールマガジン社)

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です