筋肉痛マッサージのやり方自分でできるの?背中がつらい時は?

スポンサードリンク





背中がつらいときのセルフマッサージをご紹介します。

関連する動画も貼っていますので、一緒にご覧ください。

① ストレッチポールを用いた胸椎部のセルフマッサージ

床に置いた横置きのストレッチポールの上に、仰向けの状態で乗ります。

手を頭の後ろで組み、頸部を一定の位置に保ち、膝を曲げて腰を浮かした状態で、身体を上下に動かしてマッサージを行います。

特にコリを感じる部位には、その箇所で止め、リラックス。

緊張がほぐれて、ストレッチポールの圧しか感じなくなるまで待ちます。

注意 セルフマッサージは強くやりすぎるケースが見られます。

ストレッチポールなどの用具を用いる場合には、必ず痛みを感じない程度に行いましょう。

② 肩こり体操、肩甲骨の運動

両肩を上げ下げしたり前後に回したり、腕を振り上げ・振り下ろしたりする肩こり体操や肩甲骨を動かす運動は、セルフマッサージの代用になります。

●ストレッチポールがない場合は、他の用具で代用可能です。刺激が強すぎる場合は、柔らかいボールや、バスタオルを巻いた物などを使います。

●テニスボール 強めの刺激を与えたい場合には、テニスボールなどを用います。背骨の両側の筋肉に当たるように、テニスボールは2個用います。

背中に筋肉痛のような痛みがあるときのストレッチ

参考文献

基礎から学ぶ!スポーツストレッチ(ベースボールマガジン社)

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です