花粉症が楽になる方法とは?服装の対策!予防するグッズは?

スポンサードリンク





花粉症の季節がやってきました。

目が痒くなったり、鼻水・鼻づまりのつらい症状が次々出てきます。

少しでも楽になるためにどんな方法があるのか見ていきましょう。

花粉症が楽になる方法はあるの?

花粉症が楽になるために、最も大事なことはアレルギーのもとである花粉を体内に取り込まないということです。

マスクやゴーグル型メガネを使用し、目や鼻からの侵入をブロック。

髪の長い女性は髪をまとめ、可能であれば帽子も着用しましょう。

外出先から帰宅した時には、家の中に入る前にブラシで花粉を落とすようにすると全然違ってきますよ。

他には、

・空気清浄機や加湿器を使う。

・甜茶を飲んだり、ヨーグルトを毎日食べる。

・洗濯乾燥機を使い外で洗濯物を干さない。

・適度な運動をする。

・毎日湯船につかる。

・鼻に塗り薬を塗る(花粉用)。

などがあります。

花粉症対策の服装とは

外出する時に気をつけることの一つに“服装”というのがあります。

スギやヒノキの花粉は、毛髪の半分以下の大きさ(20~40ミクロン)。

そして、突起を持った複雑な形をしていますので、繊維にからまりやすく、一度くっつくとなかなか落とすことができません。

特に花粉が飛ぶ季節に着る素材でNGなのは、ふわふわ・モコモコの素材のものです。

この時期の服装を選ぶなら、セーターやフリースを着る方が多いと思いますが、モヘアやファーのように毛羽立った素材やウールやフリースなどの生地は避けましょう。

ウールやモヘアなど毛足の長い素材は花粉を集めながら歩いているようなものです。

ファーの代わりにスカーフを巻いたり、ウールのセーターをやめてをツルツルした素材のスプリングコートにする、コーデュロイのパンツはジーンズにする、など花粉対策ファッションに変更してからお出かけしましょう。

<花粉対策NG素材>

・ウール

・モヘア

・フリース

・ファー

・スエード

・コーデュロイ

<花粉対策OK素材>

・ポリエステル

・ナイロン

・綿

・シルク

・レザー

・デニム


スポンサードリンク

花粉症を予防するグッズ

玄関に入る前にブラシで花粉を落とすことが重要なのですが、花粉は静電気でも寄ってきます。

静電気防止スプレー」を使用することで、寄せ付けない工夫をすることも大事です。

他にも家の中に花粉を入れないようにする方法として、「花粉吸引ブラシ」というものがあります。

このようなグッズを使用することで、花粉症を寄せ付けないことがポイントです!

まとめ

花粉を寄せ付けないことが最も重要です。

そのためには、外出時にはゴーグル型の眼鏡やマスクを着用する。

ツルツルした素材の服装にする。

家の中に入る前に花粉を落とす。

など毎日の積み重ねが花粉症を楽にしてくれることでしょう。

>>花粉症はいつからどんな症状が出るの?病院へはいつ行くの?
>>花粉症対策にマスクは効果ある?選び方と正しい付け方
>>花粉症対策アロマオイルで手作りしよう!材料と作り方
>>花粉症は食生活で改善できる?効果のある食べ物は?
>>花粉症対策鼻に塗るクリームとお部屋のアロマスプレー作ってみた!

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です