おんまく花火2015、日程、駐車場、ベストビューポイントは?

スポンサードリンク





今治のお祭り“おんまく”
そして、そのフィナーレを飾るのが、“おんまく花火”ですね。

1時間に9,000発の花火があがる迫力の花火大会。
まさにおんまく楽しみたいですね。

※おんまくとは「めちゃくちゃ」「いっぱい」「おもいっきり」
 という意味があります。

★詳細な地図や周辺情報はこちら【楽天たびノート】★

おんまく花火の日程は?

おんまく花火2015、今年は8月2日(日)です。

おんまく花火“いぶき”尺玉100連発!が午後8時から9時の間に9,000発打ちあがります。

打ち上げ場所は今治港防波堤です。

最大15号の大きな花火に、スターマイン、ワイドスターマイン、V字スターマイン、仕掛け打ち揚げ、型物花火等1部から5部構成になっており、FMラヂオバリバリ(78.9MHz)で、おんまく花火の生放送が聞けますので、そちらでも楽しめますね。

おんまく花火駐車場はあるの?

メイン会場の今治港・広小路・銀座商店街・本町商店街
およびその周辺の近くの小学校が無料開放され
約1,000台の車が駐車できるようになっています。

市外から車でこられる時は
西瀬戸自動車道今治ICから市内方向へ3km。

今治小松自動車道今治湯ノ浦ICから市内方向へ10km。

また電車で来る場合は、JR今治駅から徒歩15分。

車で行かれる方は、交通規制が行われますので、こちらを参考にしてくださいね。

おんまく花火の穴場スポット

どーんというお腹に響く音を楽しみたいという方には
今治港の内港で見るのが感動すると思います。

火花が振ってくるのではないかと思うほど、近く大迫力で
楽しめます。

有料観覧席というのがなく、普段駐車場になっている所など
アスファルトの地面にすわって見ることになりますが…。

でも夢中になっているとそんなことも忘れています。

お祭りのメイン会場になっている所からは、大体見えますが
建物にさえぎられている所では下の方の花火は見えないです。

少し離れた夜景のきれいな高台といえば近見山展望台。

ここからは、今治市内を見渡せるし、花火を見る穴場スポット
といえます。

そして、市民の森フラワーパークです。

メイン会場からは距離がありますが、花火の全景を見渡せる
ポイントとなります。

まとめ

車で来ても駐車場はありますが、みんなが一斉に移動することに
なりますので、終わって駐車場から出るだけでも時時間がかかります。

幹線道路も渋滞しますので、覚悟の上出かけましょう。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です