新婚夫婦が悩む、両親にお中元を贈るのか?時期、予算は?

スポンサードリンク





結婚して初めてのお中元、ご両親に贈るのか?
どのように贈ればよいのか
悩んでいる人が多いようです。

先ずはお中元の意味から学んでいきましょう。

お中元の意味・由来

お中元は、古代中国の道教の「三元」の日に天神を祭るという信仰の
祭り事が起源と言われています。
三元とは、上元は1月15日、中元は7月15日、下元は10月15日の三日分を言います。

語源の元となった「中元」は、同じく7月15日の仏教行事の
「盂蘭盆会」(うらぼんえ)と時期を同じくすることから
日本に馴染み、仏様に供える供物を親戚や知人に
贈る習慣ができたようです。

今では、日ごろお世話になっている方や、
遠く離れてなかなか会うことができない方への
ご挨拶として、また、日ごろの感謝の気持ちを
ギフトに託して贈ります。

感謝の気持ちですから「喜ばれるもの」を選ぶのが基本。

初めてお中元を贈る新婚夫婦の方も安心。
日本人ならではの昔からの素敵な習慣である
お中元を知って、デビューしてみては?

お中元を贈る時期・予算は?

贈る時期は、関東だと6月下旬から7月15日までに、

旧盆の習慣がある関西などは
1ケ月遅れの8月15日までに届くように贈ります。

予算ですが
平均的には、ひとつのお中元に、3,000円から5,000円という人が多いようです。
一番贈りたいのは「感謝の気持ち」ですから
相手を思ったギフト選びをして贈るのが一番ですね!

● 5,000円~10,000円 特にお世話になっている方へ
● 5,000円前後    ご両親・親戚・兄弟・お世話になっている上司へ
● 2,000円~4,000円  知人や友人へ

新婚夫婦の場合は、式から3年間は、結婚式の主賓や媒酌人の方へお中元を
贈るのが一般的。
新しい家庭を築く上で始める2人のご挨拶として、お中元を贈りましょう。

ギフト選びのポイント

贈り物ですから、相手に喜ばれる物を贈るのが良いですね。
迷う時は、まず「贈る相手」のことを考えましょう。

仲人さん、ご両親が、二人で暮らしているなら、
二人で楽しめるもの、
たとえばちょっと贅沢な和菓子・お酒などはいかがでしょう?

お子様がいる家庭には、ジュースや大勢で楽しめるお菓子。

入浴剤・洗剤・石鹸なども喜ばれます。どの家庭でも絶対に手放せない
ギフトとして、油や調味料。

長持ちするコーヒー・紅茶や日本茶なども
代表的なお中元の贈り物です。

もう一つのポイントは季節感。
お中元・残暑お見舞いは夏ですから
涼しさを感じるものが良いでしょう。

そうめん、アイスクリーム、水ようかんなどの水菓子や、
ビール、お酒、メロンなどの産地直送品フルーツなどなど、
夏らしい贈り物を選ぶのもいいですね。

余り日持ちがしない、なま物や新鮮な産地直送品を贈る場合は
相手の予定を知り贈ると、届いたけれど悪くなっていた…
ということを避けられます。



まとめ

新婚のご夫婦は、初めてのことで迷うことも多いですね。

地域やその家の慣わしのようなものがあるので
絶対贈らなければならないものではありませんが、

感謝の気持ちをこめて、貰う人の気持ちを考えて
贈るのが良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です