鏡餅の意味を子供向けに!いつ飾る?みかんを置くのはなぜ?

スポンサードリンク





お鏡餅はもう準備されましたか?

最近は、パックの切り餅が入った”形だけ鏡餅”が大量に積み重ねられていたりしますね。

自宅でお餅つきしている方がうらやましいです。

さてこの鏡餅がどんな理由で飾られるのか、お子さんに聞かれて困ったことはありませんか?

お子さんにもわかりやすい鏡餅の意味や飾り方などを見ていきましょう。

鏡餅の意味を子供向けに

鏡餅は「お正月の神様」のお供えものとして飾られるものです。

お餅は古くから神様の食べ物とされていました。

そして、祝い事などのために特別に作られる食べ物だったのです。

鏡餅という呼び方は、神が宿るとされる「銅鏡(どうきょう)」に似ていることから、鏡のような餅、鏡餅といわれるようになりました。

また、鏡は魂を象徴する神器だったことから、丸い餅を供えて生命力を授かるようにと、鏡餅と名付けられたと言われています。

鏡餅の鏡は「鑑みる」つまり、良い手本や模範に照らして考えるという意味の言葉にあやかって、「かんがみもち」と言っていたのがだんだん「かがみもち」という言葉に変化してきたんだと言う説もあります(定説はありません)。

お正月には、一年の幸福を授けてくれる「歳神さま」が家々に降り立つといわれており、その為に正月の行事が行われます。

戸口には門松を立て、しめ飾りをし、床の間に鏡餅をお供えします。

鏡餅の意味いつ飾る?

鏡餅等のお正月飾りは、12月13日から28日の間か、30日にかざりますが、29日は「苦」に通じる、31日は「一夜飾り」といって不吉を嫌いその日には飾らないことになっています。

鏡餅の取り外しの時期は1月11日の鏡開きが一般的です。

鏡餅は「蔵開き」の11日に下げて、お汁粉、お雑煮等にして頂きます。


スポンサードリンク

鏡餅にみかんを置く意味は?

本来はみかんではなく、橙(だいだい)で、木から落ちずに大きく実が育つことにあやかって、代々家が大きく栄えるようにという縁起物です。

● 海老(えび) 
  その姿になぞらえ、腰が曲がるまで長生きできるようにと祈るもの。

● 裏白(うらじろ)
  古い葉とともに新しい葉がしだいに伸びてくるので、久しく栄えわたるという縁起をかつぐもの。

裏の白い方を上に向けるのは、裏表(二心)がない真姿な気持ちを表しているといわれています。

● 四方紅(しほうべに)
  お供え物をのせる色紙で、四方を「紅」でふちどることで災を払い、一年の繁栄を祈願するもの。

● 三方(さんぽう)
  鏡餅を乗せる台。尊い相手に物を差し上げるときには台に乗せることが礼儀であることから使われている。

まとめ

今年のお鏡餅は、子供さんとそれぞれの意味を確かめながら飾るといいですね。

正月 鏡餅の飾り方

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です