道後温泉まつり2015餅まきにぎやか、稚児行列にブラスパレード!

スポンサードリンク





松山の道後温泉でまつり!?

温泉好きの両親が行きたがっているので
どのようなお祭りなのか、調べてみた!

道後温泉まつり2015 毎日餅まき

松山市の道後地区で道後温泉まつりが開催されている。
初日の19日には神事の湯祈祷があり、その後湯奉納など
地元住民や旅館・ホテル関係者が温泉に感謝し、繁栄を祈った。

その行事の中で注目したのは、母の大好きな餅まき。

なんと19日から23日の5日間、毎日行われるということ。
しかも毎日違った名前がついている。

19日は“伊佐庭如矢候翁散餅”

20日は“正岡子規散餅”

21日は“夏目漱石撒餅”

22日は“一遍上人散餅”

23日は“聖徳太子散餅”

それも毎日3回。
13時15分・15時15分・17時15分にあるのだ。

道後温泉まつり2015 オープニングセレモニー

神事のあとブラスバンドのパレードが湯神社から道後温泉本館
そして商店街を通り子規博物館までつづき、
にぎやかに始まった。

湯祈祷は、1707年の地震のため約3ケ月間湯が出なくなった時
藩主や住民が祈願したことから始まったといわれている。

地元住民やホテル関係者が祈祷を終え、稚児姿の子供たちと
源泉やホテルの湯を入れたたるや筒を持って商店街を
練り歩き、湯神社に湯を奉納した。

道後温泉まつり2015 プロジェクションマッピング

昨年の道後温泉本館改築120周年記念で好評を博した
プロジェクションマッピング。

道後温泉が、夢の国のようにきれいな映像で彩られた。

今年は伊予鉄道道後温泉駅で、19日夜、駅舎をスクリーンに
見立て、「シラサギ伝説」をモチーフに立体映像を
映し出した。

「HERON(へろん)」という題目で
ステンドグラスや桜の模様、そしてサギが飛び立つアニメーション。

今年は22日まで毎日午後7時50分・8時20分と8時50分の3回行われる。

まとめ

他にも女みこしや道後温泉おどり・創作ダンスなど
さまざま催しが開催される。

道後温泉本館の周りは温泉旅館やホテルがひしめく。

この機会に道後温泉をもっと楽しもう!

そして、松山は“松山お城まつり”へとつづく…

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です