インフルエンザの予防接種予約はいつから?受験生は?効果はいつまで?

スポンサードリンク





毎年受験の時期にはやるインフルエンザ。

受験生にとっては、体調を万全にして臨みたい集大成の“イベント”ですよね。

お母さんにとっても一番気がかりな問題なのではないでしょうか。

インフルエンザの予防接種の予約はいつからできるの?

早い病院では9月から受け付けていて、10月1日から接種できるようですが、10月の中旬から受け付けるところが多いようです。

かかりつけの病院があるのでしたら、そちらで予約しておくと良いでしょう。

ただし、予防接種は完全ではないです。

インフルエンザ ウイルスは何種類もあって、予防接種はその何種類もあるうちの一つ又は数個にだけ効きます。

予防接種のワクチンは事前にどの種類のインフルエンザが流行るかを予見して用意します。

ですから「はずれ」る事もあります。

また、時間差で違うインフルエンザが流行ることもあります。

ですから、予防接種をしたとしてもマスクなどの予防は引き続き必要です。

>>インフルエンザ感染経路を知って予防しよう、ワクチンも効果的!

受験生がインフルエンザの予防接種をするのはいつがいいの?

インフルエンザは例年12月~3月頃に流行し、例年1月~2月に流行のピークを迎えます。

ワクチン接種による効果が出現するまでに2週間程度を要することから、毎年12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。

年明けから順次入試が控えている高校生でも、できたら受験前からインフルエンザにかからないで過ごせる方がいいですよね。

受験生のインフルエンザ予防接種は11月中に済ませておきましょう。


スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の効果はどのくらい?

インフルエンザ予防接種の効果が出るのは2週間後からで、その効果は4~5ケ月程度持続します。

ですから、毎年接種する必要があります。

11月中に接種しておけば、3月頃までは大丈夫だということになります。

まとめ

インフルエンザ防接種の予約は10月に入ったらできます。

受験生のいるご家庭では、11月中に済ませられるようにしましょう。

家庭内で感染しないためにも全員で接種するのがおすすめです。

>>インフルエンザの感染期間はどのくらい?家族は?解熱後も?

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です