しゃっくりの止め方 高齢者がすぐに実践できる方法は?確実なのは?

スポンサードリンク





しゃっくりは、自分の意図しない時にふと始まり、なかなか止めることができないとあせりますし、苦しいですよね。

高齢者の方は特に気をつけてあげましょう。

できるだけ楽にできる方法を見ていきましょう。

しゃっくりの止め方高齢者には?

しゃっくりを止める方法は、それこそおばあちゃんから教わった類のものが多く、たとえば、

● できる限り息を止める。

● 驚かせる。

● 水を飲む。

などを試された方が多いのではないでしょうか?

祖母が高齢者と呼ばれる年齢になり、よくしゃっくりが出るようでつらそうです。

そこで高齢者にも簡単で無理のない方法をご紹介します。

● 人差し指を耳に入れて30秒から1分待っていれば止まる

という方法です。

しゃっくりは、横隔膜の痙攣などが原因で起きます。

耳の奥には、迷走神経があり、耳の奥に刺激を加える事により、脳からの伝達を一時的に遮断し、しゃっくりを止める効果があるのです。

この方法でしたら、息を止めたりする苦しさがないのでお勧めできそうですね。

しゃっくりの止め方ですぐに実践できる方法は?

その他に簡単で、すぐに実践できる方法は、水を飲むという方法です。

冷水を一気に飲むという方法もありますが、水をゆっくりちびちびと飲むという方法もあり、高齢者にはこちらがお勧めです。

もし水がすぐに用意ができない場所にいるのであれば、唾液をすこしずつ飲むというのも効果的ですよ。

また、水ではなく砂糖をティースプーン1杯口に放り込むと止まります。

グラニュー糖よりも、上白糖のような溶けやすいものがいいです。

これも簡単で、お年寄りにやさしい方法ですね。


スポンサードリンク

しゃっくりの止め方で確実なのは?

確実なのは、やはり息を止める方法です。

高齢者の方は、無理のないようにしてください。

しゃっくりは横隔膜が痙攣する事で起きているのですが、その横隔膜をふくらんだ肺が上から押さえ付ける事によって止める事が出来ます。

次の動画をご覧ください。

まとめ

しゃっくりが長期間止まらない場合まれに病気が原因のこともあります。

しゃっくりは、通常であれば数分続いた後に止まりますが、長期間続いたり頻繁にしゃっくりが出る様であれば、何らかの器質的疾患が原因の場合があります。

しゃっくりが治らない時には、無理をせず病院での診察を受けましょう。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 黒狐 より:

    え、スゲェ止まった

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です