喪中はがきはいつまでに出せばいいの?文例とマナー対象範囲は?

スポンサードリンク





身内に不幸があった時、年賀欠礼の挨拶を出します。

喪中はがきを出す際のマナーについて

・いつからいつまでに出したらよいのか

・文例

・対象範囲

などについて見ていきましょう。

喪中はがきはいつまでに出せばいいの?

喪中はがきを出す時期は、11月中旬から12月初旬の間です。

遅くとも年賀状の配達受付が始まる12月中旬までに出しましょう。

喪中(年賀欠礼)はがきは、「うちには年賀状を出さないで下さい」というお願い状ではなく、「身内を亡くして新年をお祝いする気持ちになりませんので、年始の挨拶(年賀状)をこちらからは出しません。失礼をお許しください」という詫び状です。

ですから、相手方が知っても知らずでもあなた(身内)へ年賀状を送ることは失礼にはあたりません。

でも年賀がなくなった本人に届くのは、残された家族の悲しみを与え、本人に失礼になりますので、年賀状の発売前に届けたほうが良いとされています。

年賀欠礼を出しそびれたときや、喪中を知らず賀状を頂戴した折には、年を越して松の内が明けてから立春までに寒中見舞を出せばいいでしょう。

喪中はがきの文例とマナー

喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます

○月に (続柄)○○(氏名)が○○才にて永眠いたしました
ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
明年も変わらぬ御厚誼のほどお願い申し上げます

平成○○年○○月

住所 氏名 TEL

● 喪中のため年賀欠礼を伝える文章のみにします。近況報告などは控えるようにしましょう。

● 「年賀」「おめでとう」「お慶び」などの言葉は使わず、句読点を入れずにお世話になったお礼等を伝えます。

● いつ、誰が亡くなったのか、差出人からの続柄を明確に伝えます。


スポンサードリンク

喪中はがきのマナー対象範囲は?

一般的には、自分を中心として、一親等(父母・配偶者・子)と同居している二親等(祖父母・兄弟・孫)が喪中になります。

曾祖母の場合、普通は喪中としない人が殆どです。

本人次第ですが、親戚だけを外し知人や友人にはいつも通り年賀状を送るのが一般的です。

もし出した場合に、喪中のはがきを受け取ったことで初めて不幸があったことを知り、ご丁寧に香典を送ってくださる律儀な方がいるかも知れません。

喪中はがきを出したところ、お香典をもらう間柄でもない方から後日現金書留が届いてとまどった経験があります。

喪主に届け、香典返しを送ってもらい・・・忌明けから日が経っていたので手を煩わせ恐縮してしまいました。

また、仕事上のお付き合いの方や、年賀状だけでのお付き合いの方など、故人と何の関わりも無い方や、あなたの身内の不幸を知らせる必要が全く無い方に対しては、例年通りに年賀状を出した方が良い場合もあります。

このような可能性も考えた上で、喪中はがきを出すかどうかを決めていくと良いと思います。

まとめ

・喪中はがきは12月中旬までに出すのがマナーです。

・基本的には同居の二親等までの身内がなくなった場合に喪中となります。

・相手との関係性を考えて、普段どおりの年賀状を出したほうが良い場合もあります。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です