セーターの染み抜き家庭でできる方法は?クリーニングはどう使う?

スポンサードリンク





セーターに食べ物をこぼしたり、化粧品が付いてしまったり、なかなか洗えないので首回りに汚れがついていたり。

他の衣類と違って、セーターのしみは困ります。

今回はセーターの染み抜きについて見ていきましょう。

>>衣替えシーズンで気づいたシャツの黄ばみ、落とし方&防止法は?

セーターの染み抜き家庭でできるの?

まずは、素材が手洗いできるものかどうかですが、洗濯表示がドライマークコースで洗えるもの(「洗濯機マーク」になっているもの)でしたら、目の細かいネットに入れて、手洗いコースやドライコースで洗えます

水洗いがだめな物、おしゃれ着などはクリーニングに出した方がいいです。

普段着なら、素材をしっかり慎重に見極めて、家で洗うかクリーニングに出すかを判断しましょう。

アクリルなど化繊の配合率が高い物は、装飾が多い物でない限り、原則家で洗えます。

羊毛(ウール)でもOKです。

アルカリに弱く、縮みやすいという特徴がありますので気をつけながら行います。

セーターの染み抜き方法は?

普段着と割り切っているのなら、クリーニングに出さなくても、おしゃれ着用洗剤を使って家で手洗いできます。

大き目の容器に水または30℃以下のぬるま湯を張り、おしゃれ着用の中性洗剤適量を入れてよくかき混ぜます。

洗い~すすぎまでずっと同じ水温で、水をできるだけ大きく揺らさないように、静かにやさしく押し洗いします。

下洗いとして、汚れやすい袖口や襟首部分を洗濯液につけ、やさしくつかむようにして洗います。
もんだりこすったりすると毛玉の原因になりますので、必ず指で押し洗いをしましょう。

シミに関しては、洗剤の原液をしみこませて、親指と人差し指の腹で編地を挟んで、ポンポンと繰り返し叩き洗いします。
落ちなければ液体酸素系漂白剤をしみこませて、30分~1時間ほど放置しておきます。

それでも落ちない場合は、30℃強の温水に洗剤を溶かして、液体酸素系漂白剤も「つけおき」の分量目安だけ溶かして、2時間ほど浸け置き!

すすぎは水を替えて10回ほど押すようにします。
水替え2,3回して丁寧にすすぎ、押し絞り(くるくる巻いて、上から真っ直ぐ両手でギュッギュッと押して絞る。決して捻らないこと)。

または軽く押して水気を切ったあとネットに入れて洗濯機で脱水することもできます。
10秒脱水したら一時停止を2、3回繰り返しましょう。
一時停止のたびに洗濯機から取り出し、形を整えます。

脱水後はすぐに取り出し、広げて乾いたタオルに挟んでタオルの上から押して水気を吸い取らせてから、手のひらでたたいて形を整え、風通しのよい日陰で平干しします。


スポンサードリンク

セーターの染み抜きクリーニングに出すのは?

大切なおしゃれ着ならば、羊毛・獣毛・絹・レーヨンの配合率が高い物はクリーニングに出すべきです。

カシミアやアンゴラはアルカリ洗剤や摩擦に弱く、洗濯で縮みやすいという特徴があります。

特に気を付けるのは、獣毛(の中でも、特にアンゴラとモヘア)、絹、レーヨンの配合率が高い物です。

20%以上配合されていたら、クリーニングに出した方が無難ですね。



まとめ

洗濯表示を見て、手洗いや洗濯機洗いのできるもの。

アクリルなど合繊繊維の配合が高いものはご家庭で洗濯できますので、染み抜きも洗剤の原液をつけて、叩き洗いをすれば大丈夫です。

湯温を30℃以下に設定し、縮まないよう気をつけましょう。

きちんと洗濯しておかないと虫食いの原因になりますので、今シーズンの汚れはちゃんと落としてからしまうようにしましょう。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です