クエン酸掃除の用途は?スプレー水の作り方といろいろな使い方!

スポンサードリンク





年末の大掃除、できるだけ簡単にすませたいですよね。

重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダといろいろなものが洗剤のかわりに登場していますが、今回は、クエン酸の作り方と使い方について見ていきましょう。

クエン酸で掃除する用途は?

クエン酸は、水に溶かすと弱酸性を示しますので、水垢などの酸に弱い汚れに効果があります

主に、トイレや流し台、電気ポットなどの水垢除去に効果があります。

近年ではエコ洗剤の代表のように使われているクエン酸。

レモンや梅干などのすっぱさの素がクエン酸です。

おにぎりに梅干を入れるのには、クエン酸が持っている抗菌効果や消臭効果で腐敗を防ぐためです。

もしクエン酸がない場合は食用酢などでも代用ができますよ。

● また、クエン酸には水アカやカルキ成分を分解する働きがあります。

● そして、無臭で水に溶けやすい性質をもつクエン酸。溶けたクエン酸はアルカリ性の悪臭を分解する働きがあります。

● クエン酸には、ばい菌の繁殖を抑える効果があります。

クエン酸で掃除スプレー水の作り方

クエン酸水の作り方:スプレーの場合

[材料]水…100ml クエン酸…小さじ1/2

[作り方]

① スプレーボトルにクエン酸小さじ1/2を入れる

※ロートがあると便利です。

② 水100mlを入れます。

③ キャップをつけてボトルをよく振ってクエン酸を溶かして完成。


スポンサードリンク

クエン酸で掃除いろいろな使い方

水垢取りで使うなら、そのままクレンザーのように使っても、水で薄めてスプレー水にしても良いです。

ただ、あまり長時間放置したり、そのままで終わらせたりすると、今度は酸性の溶液が素材を傷めます。

あくまでも水垢が取れたら、水でしっかり流して中性に戻します。

電気ポットの水垢とりの動画です。

その他クエン酸の得意分野はトイレです。

トイレの尿石、輪じみに効果があります。

便器の内側、水が流れる穴のある縁に、トイレットペーパーをあててクエン酸水をスプレーし、クエン酸パックをします。

この状態で1時間置き、スポンジ研磨材(目の粗さは衛生陶器用に使える1500番)でクエン酸でゆるんだ汚れの固まりを削り落とします。

便器と床の境目もトイレットペーパーをあててクエン酸水をスプレーし、クエン酸パックをします。

この状態で1時間置き、ブラシやヘラなどに雑巾をかぶせて、汚れをこそげ取ります。

また、アンモニア臭を消す作用もあります。

使用時の注意点

クエン酸は、アルミニウムのような酸に弱い物を溶かす恐れがあります。

食品にも使われることがあり「正しく使えば」安全な物質なの、工業的に作られた化合物ということには変わりないですので「エコだから安全・安心」と思い込まずに、正しい使い方をしないと効果が無いどころか不具合を起こします。

また大理石は、クエン酸に長い間浸しておくと溶けてしまいますので注意してください。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です