アリエールジェルボールの使い方、コスパは?誤飲が心配!

スポンサードリンク





アリエールジェルボールなるものを貰ったのだが、
ニュースにもなっている、子供の誤飲。

今までの液体洗剤や粉末洗剤の事故は0~2歳の子供が
中心だったが、パック型洗剤は3~5歳でも事故を
起こすことが多いという。

>>ジェル型洗剤を誤飲してしまった時の対処法!乳幼児は注意が必要。

実際にどのようなものか見てみよう!

アリエールジェルボールの使い方

使い方はとても簡単。

水溶性フィルムに入ったジェル状洗剤を洗濯機の底に
直接投入するだけ。

計量が不要で洗剤がこぼれる心配もない。

一回の洗濯に1粒をつまんでいれるだけなので、
形状、性能、使用方法のすべてにおいて、
洗濯洗剤の新時代の幕開けを担う「第3の洗剤」と言われている。

ジェル状なので、液体洗剤よりも最大限まで洗剤成分を
濃縮していて、高い洗浄力を実現しているという。

アリエールジェルボール、消臭成分とコスパ

従来の液体洗剤とほぼ同じ回数使えます。
と裏に説明書きがあって、

※平均洗濯物量(2.6Kg)縦型洗濯機使用となっている。

そして、その平均洗濯物量を洗濯するとき
消臭成分が液体洗剤の2倍量分になっているそうで

汗をかいたシャツや襟・袖の皮脂、タオルなどの
気になる汚れ・雑菌臭に効くらしい。

コスパ的には、多くの投稿された記事を見ていると
どんな水の量でも1粒使うので、少ない洗濯量のときは
コスパが悪いという意見も多いよう。

中には、香りでごまかす洗剤でしかないという意見も?!

アリエールジェルボール、誤飲事故多発

1個の大きさは、縦約4センチ、横約3・5センチ、
高さ約2センチで、見た目には、ゼリーのようで
いい匂いもするし、子供にとってはお菓子に思えるかも。

P&Gジャパンによると、欧米では複数社が同種の商品を販売していて
英国ではシェアの2割を占めているという。

海外では子供の誤飲事故が多発し、P&Gジャパンでも販売前に認識
していて、消費者庁からも対策を求められていたという。

これに対し、容器に誤飲の注意書きをし、容器を開けにくく改善したようだ。

まとめ

実際にあった誤飲事故では、

上の子がふたを開けたままにしていて、
下の子が口に入れたという事故が起こっているそうで

5歳と1歳の孫がいる姉が心配しているのだが、
周りの大人がよく気をつける必用がありそうだ。

これは食べ物ではありません

子供の手の届かないところにおいてください

目に注意

と書いてありますものね。

スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です