つながる仲間

楽しくてうきうきする毎日を!

*

暑さ対策を窓にするなら100均もあり遮熱フィルムやシェードがおしゃれ

      2017/05/08

夏の暑さ対策をするなら、窓というキーワードははずせないですよね。

窓から暑さ対策を考えるならどのようなものを選べば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

暑さ対策は窓から 100均で買えるものって

窓から入ってくる熱が、家の中の温度を上げる一番の原因だとしたら、窓対策を怠ってはいけません。

そして、なるべくお金をかけずにできる方法を知りたいですよね。

100円ショップで売っているものを使ってみましょう。

先ずは、車の日除け対策といえば、カーシェード。窓の内側に設置します。

見た目を気にしないのなら、食器棚用のアルミシートを窓に貼るという案もあります。

所々に隙間が空くカーシェードよりはキャンプ用のアルミ蒸着マットを立てかけたり、窓の幅にカットして貼ったりする方が効果的です。

立てかけた場合は暗くなりそうなイメージですが、窓の上から1/3~1/4ぐらい空けておくだけで十分な明るさが確保できます。

また、窓や軒下の遮光用「ウィンドオーニング」88cm×112cm、遮光率79%のものも100円ショップにあります。

いろいろなカラーがあって、おすすめです。

暑さ対策で窓に遮熱フィルムの効果は?

窓に貼るだけで遮熱してくれるフィルムも便利ですよね。

窓で熱を吸収するタイプと反射するタイプがあるのですが、窓で熱を吸収するタイプは、窓ガラスに蓄積した熱を室内で感じます。

(金網入りのガラスは必ず割れてしまうので使えません)

日差しの反射率が高いタイプは、太陽の熱線を反射するので上記よりガラスが暑くならないので、こちらがおすすめです。

Scotchから出てる「太陽光線を反射する窓用省エネフィルム」(太陽光線(赤外線の熱)を反射することで温度上昇を抑制します)が便利です。

太陽光線を45%以上カットしますし、吸着層タイプなので、簡単に貼れ、貼り直しができます


スポンサーリンク

暑さ対策には窓のシェードがおしゃれ

外に取り付けるなら園芸用の遮光ネットアルミのすだれが手軽で便利ですが、ちょっと見た目が気になるという方には、洋風すだれ式日よけシェード「クールブラインド」がおすすめです。

●取り付けが簡単

●室内が暗くならない

●アルミすだれのキラキラ反射がない

●紫外線を約95%カット

●明るいのに日射熱を約81%カット

ただ90×135のサイズで9,200円とちょっとお高め。

まとめ

手軽で安いものですますなら、100円ショップのカーシェードかウィンドオーニング。

また、もっと簡単にしたいのなら、窓ガラスにスプレーすると断熱してくれるというすぐれものがあります。60~70%の断熱効果があります。

断熱フィルムと遮光ネットやシェードとの併用で、より節電効果が得られますよ!

スポンサーリンク

 - 生活全般 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お墓掃除の方法はどんな道具が必要なの代行サービスって?

田舎の墓の掃除をしたいんだけど、年に1回帰れるかどうか…。 長い間放っておくと痛 …

夏バテ防止に足湯を!効く食事とは?エアコンを上手に使おう!

梅雨が明けると一気に暑い暑い夏本番です。 毎年、食欲がなくなったり冷房で体調を崩 …

水着の選び方で体型カバーできる胸と脚ぽっちゃり女子も安心。

夏のキラキラした海やレジャープール、思いっきり楽しみたいですよね。 体型を気にし …

熱帯夜対策グッズ、アイスノンは効果あり?エアコンも併用で!

熱帯夜と聞いただけで、湿度の高いあの寝苦しい夜が思い出されエアコンが苦手な方にと …

夏井いつき先生 浜ちゃんのプレバトですごい!実力は?才能あり!

浜ちゃんの「プレバト!!」でもお馴染の俳人、夏井いつき先生。 テレビでは強烈な辛 …

ジェル型洗剤を誤飲してしまった時の対処法!乳幼児は注意が必要。

昨年4月から市販されている液体入りパック型洗剤の取り扱いについて、注意するよう国 …

目の紫外線対策は子供も大切。UVカットメガネ・コンタクト併用で!

春から夏に向けて強くなる紫外線。 サッカーなど外のスポーツをしている子供さんへの …

肩胛骨のストレッチ簡単なやり方プロ野球マエケン体操やタオルでも

事務職の方やパソコン作業が多い方は肩こりや運動不足を感じている方が多いようです。 …

筋肉痛セルフマッサージのやり方 腕がだるい時は?

腕がだるいときのセルフマッサージをご紹介します。 関連した動画も載せていますので …

ランドセルの選び方で準備の時期は?色とサイズ、素材は?

初めてのお子さんにランドセルを買う時は、種類もたくさんあって迷いますよね。 どの …