つながる仲間

楽しくてうきうきする毎日を!

*

七夕そうめんは索餅から。そうめんを食べるわけと美味しいゆで方。

      2015/09/01

七夕には素麺を食べる家庭が多いようですね。

織姫と彦星が会えるように願いつつ
美味しい素麺のゆで方を見て
七夕らしいそうめんをアレンジしてみましょう。

スポンサードリンク

七夕そうめんは索餅から

何か行事がある度にお菓子を作っていて、クリスマスはクリスマスケーキ。
ハロウィンはかぼちゃを使ったお菓子というように代表的なお菓子がありますよね。
何か、七夕に因んだお菓子は無いかとさがしていたら「索餅」というものがありました。

「索餅」とは、小麦粉と米粉を練って紐状にして、縄のように細長くねじったものです。

もとは菓子だった「索餅(さくべい)」が変化して「索麺(さくめん)」になり、それが「素麺(そうめん)」になったという説があり、「素麺」の起源としては有力な説だということで、レシピもいろいろさがしてみたのですが…クックパッドで見つけたレシピです。

索餅の作り方

アレンジしてあって
作ってみたくなりました。

七夕のお菓子【索餅(さくべい)】

七夕にそうめんを食べるのはなぜ?

さて、日本では七夕には機織の上達を願って、そうめんを食べる習慣があります。

また、7月7日にそうめんを食べると大病をしないといわれています。

それはなぜかというと…

スポンサードリンク

そうめんを作るのは寒い冬です。
しかし、出荷をするのは梅雨明けになります。
作ってから出荷までの期間を厄(やく)と言います。
厄が過ぎた、厄が終わったから、もう厄は来ない。
病気にならないならないと考えられました。

なお、織り姫の職業が機織り(はたおり)で、そうめんを細い糸にみたたて
裁縫が上手になるようにと願いを込めて素麺を食べる風習のほうが一般的です。

七夕そうめんの上手なゆで方

揖保の糸のHPから学習してみましょう。

そうめんは「ゆで方」が命です。
ゆで時間【 1分30秒 ~ 2分 】が目安です。
大きめのなべで沸騰したお湯の中にバラバラと入れます。
※1人前2束100gに1リットルのお湯が目安です

再び沸騰すれば、ふきこぼれない程度に火加減を調節してください。 熱湯、ふきこぼれに注意してください。

ゆであがった麺をすばやくザルに移し、水で粗熱を取った後、清水を流しながらよくもみ洗いすればさらにおいしくなります。
詳しいゆで方はこちら
揖保の糸のHP

揖保の糸そうめんのゆで方

まとめ

七夕くらいは、ゆっくりと星を眺め、天の川を見ながらおりひめ・ひこぼしのお話を思い出しつつそうめんを食べるのもいいですよね。

おいしいそうめんのゆで方を参考に、星型に抜いたきゅうりやハム、薄焼き卵
輪切りにしたオクラなどを散らして七夕らしいそうめんを味わってみてください。

スポンサードリンク

 - 年間行事, 生活全般 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

非常食は賞味期限の長いもの?缶詰レトルト食品で揃えるなら?

地震や火山の噴火で何かと不安なニュースが多いですね。 スポンサードリンク 非常食 …

甲子園の土はどこの土をブレンドしているの?持ち帰らないのは?

今年の夏の甲子園は100年を迎える記念大会で、王貞治さんが始球式をされることでも …

洗濯物が臭い理由とは?洗濯槽からも?ミョウバンを使う?

梅雨あいだの洗濯物がくさいといえば、生乾きだったり部屋干しだったりというのが原因 …

シャツの汚れの落とし方ボールペンは油性でも水性でも大丈夫?

ボールペンで白いワイシャツが汚れてしまったらショックですよね。 スポンサードリン …

大相撲今治場所の会場とプログラム、チケット販売窓口と座席

大相撲今治場所が8年ぶりに開催されますね。 スポンサードリンク 相撲好きの祖母と …

おせちを手作り簡単に初心者にできるものは?日持ちさせる方法は

今年こそは、おせちを作るぞ~と思ってはみたものの、手をかけて作った割には食べてく …

お墓掃除の方法はどんな道具が必要なの代行サービスって?

田舎の墓の掃除をしたいんだけど、年に1回帰れるかどうか…。 スポンサードリンク …

防災食で最低限必要な物は?賞味期限解決法と非常持出袋に入れる物。

地震や台風、そして最近では火山活動も活発になっているところもあって、防災について …

伊勢えびの美味しい食べ方は?素人ができるさばき方!刺身?味噌汁?

お歳暮に活き伊勢えびをいただいた! 伊勢えびは大好きだけど、調理なんてできない。 …

小田原工場の観桜会いつから?アクセスや夜桜情報!

国立印刷局の桜がとってもすばらしいと聞いて、行ってみたい!入れるの? そうなんで …